ハッピーメールの会員さんと親密度を高めるコツ

ニックネームは仲良くなる為の魔法

普段、友達の事を呼び合う時には、ニックネームで呼び合ったりしますよね。 ニックネームは、仲間同士だけで通じる合言葉のようなものです。

小学生がニックネームを付け合うのは、それが友達になる近道だという事を肌で感じて知っているからだと言われています。要するに、ニックネームは仲良くなる為の魔法の言葉です。

そんな魔法の言葉をハッピーメールでも使ってみましょう。

特に男性から、「名前は?」と聞かれる場合があるかと思いますが、相手の事をあまり知らないうちから本名を教えるのは抵抗があるものです。

ですから、この様な場合はニックネームで呼び合うようにします。

自分からニックネームを教えるのは唐突過ぎますが、相手から聞かれて教えるのはさほど抵抗はないでしょう。

誰でも、一つや二つのニックネームはあると思います。

本名を聞くのではなく「ニックネームは何?」と聞けば、大抵の会員さんは教えてくれます。  ハッピーメールのハンドルネームで呼び合うのも良いでしょう。

そして、ニックネームを教えてくれたら「呼びやすいし、いいニックネームだね」などと誉めて、お互いにニックネームで呼び合える関係に持っていくと良いです。

ニックネームは仲間同士の合言葉のようなものですから、「二人だけの秘密」という感じでドキドキ感も高まり、親密度もアップします。
親密度がアップして仲良くなれば、いずれ本名も抵抗なく教えてくれる関係になるものです。
焦らず、まずは親密度を高める為に、ニックネームで呼び合うと素敵な関係が持てるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました